個人事業より会社設立?どうやって会社をつくるの?

会社を設立するまでの流れ

オススメリンク

岩松勇人は何故成功できた?物販ビジネスのメリット

岩松勇人のように物販ビジネスで成功したい方へ。このビジネスのメリットを3つご紹介します。

岩松勇人以外の物販ビジネスセミナー

岩松勇人主宰のセミナー以外でも勉強したい方へ。他にも物販ビジネスセミナーがあるのか見てみましょう。

岩松勇人のショップが売れた理由を分析

複数あるネットショップの中で岩松勇人が運営するショップが売れたのにはどんな理由があるのか分析!

欲しがっている物を見逃さない岩松勇人

他社の販売価格をリサーチする事でお客様が欲しがっている物を知る!岩松勇人は流れを見逃しません。

防火設備検査で引っかからないためには?

防火設備検査にはどんな項目があるのでしょうか?引っかからないためのポイントを解説します。

会社を設立するときに必要な規則を決める

会社はただ設立すればそれで終わりではありません。運営に必要な規則を決めたり、役員の選任や株式の払い込みなど、すべきことがあとからあとから出てきます。 これらが一つでもかけてしまうと、会社の設立は遅くなってしまいます。書類ばかり多くて大変ですが頑張りましょう。

登記の申請と官公署への届け出

ここまでの準備ができたら、次は、法務局で法人手続きを行いましょう。登記が申請後受理されると、晴れて会社が誕生、となります。 そしてそのあとは、すぐに税務署へ向かいましょう。会社を存続させるには税金関係の手続きをしっかりしておく必要があります。

会社はどれくらいの期間があれば設立できるの?

何か事業を始めようと思ったとき、個人事業にするのか会社組織にするかを決める必要があります。
会社には合名会社、合資会社、合同会社、株式会社の4種類があります。会社組織にすることで、個人事業では行うことができない大規模な経済活動を行うことが可能となります。
会社にするメリットは何でしょうか?これは4つあります。一つ目は個人と会社の財産や責任を分離させることができます。会社にしておくことで、取引先との契約を会社の名前と責任のもとに行うことができます。特に株式会社や合同会社の場合は、会社と個人の責任・財産を区別できるため、万が一会社が倒産したときにも個人資産は守ることができます。
二つ目は社会的信用を得やすい点があります。一般的に個人事業よりも会社の方が取引先や金融機関からの信用を得られやすいといえます。
三つめは個人事業よりも事業を存続しやすい点です。個人事業では事業主が死亡した場合は事業継続が困難となる場合があります。個人的な信用と責任において締結した契約は、事業主が変わった場合には新たに契約や事業に必要な認可を取り直す必要があります。会社の場合はこのようなことはありません。
四つ目は税法上有利な場合があります。個人事業の場合の所得税と、会社の法人税では税金の仕組みが異なります。所得が一定の額を超えた場合には会社の方が税法上で有利な場合があります。ただ所得が少ない場合には個人事業の方がいいこともありますので、事業の規模を考える必要があります。

どうして会社を設立した方が良いの?

「会社を設立しよう」と考えてから、実際に会社が設立されるまでにはいったいどれくらいの日数が必要なのでしょうか?何か作成したり、提出したりする必要がある書類など、また費用面はどれくらいなのでしょうか?設立前に行わなくてはならないことをまず知りましょう。