個人事業より会社設立?どうやって会社をつくるの?

会社を設立するまでの流れ

>

登記の申請と官公署への届け出

登記の際に必要な書類

定款の認証手続きと株式の払込が完了しました。次は法務局での法人登記の手続きを行う必要があります。必要な書類や枚数は会社の種類や形態によっていくらかの差がありますが、たいていは登記申請書、定款の謄本、株式金の払込証明証、通帳のコピー、代表取締役および取締役の就任承諾書・印鑑証明書等、印鑑届出書、監査役の就任承諾書および本人確認書類、このほか登記する必要がある内容を記録したCD-Rなどのこれらをもって法務局で登記を行います。
法務局で登記申請をした日が会社設立日となり、これらの書類や手続きに不備がなければ、提出後1週間ほどで登記が受領されます。
書類の数が多々ありますが、これらはひな形をダウンロードして使用することもできますので、揃えるのにそこまで時間を費やすことはありません。

登記完了後税務署などへ届け出る

登記をして終わりではありません。会社の設立登記が完了したらすぐに官公署へ各種書類の届け出を行う必要があります。労働基準監督署、都道府県税事務所、社会保険事務所や税務署などの税務関係がこれに当たります。この時に必要な書類は、税金を納めるための届け出や、労働・社会保険加入の手続きに関するものになります。
これらは税理士と顧問契約を行っているとよいでしょう。税務関係は会社の運営に当たり重要ですので、信頼できる税理士と契約を行うようにしてくださいね。

このように会社設立の場合には、多くの書類が必要となります。ですが今はフォーマットをダウンロードすることができたり、必要事項を穴埋めするだけで書類を完成させることもできますので、ぜひこれらも参考にしてみてくださいね。


この記事をシェアする